ペレットマン
西馬音内

人と自然に優しい木質燃料で
叶える日常に炎がある暮らし。

スローライフが注目される時代、住まいの中心にストーブを備え“炎が見える暮らし”を取り入れる方々が増えてきました。
固形の木質燃料を使うペレットストーブや進化した薪ストーブはその代表として人気が高まっています。
化石燃料を使わないストーブは、日々の暮らしを楽しみながら環境に貢献することができる。
エネルギーの地産地消を叶えることができる、次世代のエネルギーなのです。

Green Energy for the future !!

ようこそ、ペレットマン西馬音内へ。

「Green Energy for the future !!」
私たちが掲げるコンセプトは、この言葉にすべて集約されています。

ペレットストーブ・薪ストーブの暖かさや癒しについては、皆様に実際に体感して良さを理解していただきたい気持ちはありますが、まずは私たちが“なんのために”これらの商品をお勧めしているのか、お話させていただきます。

普段の生活の中で当たり前になっている、石油・電気・ガスのある生活はとても便利です。私もたくさん使用していますし、生活に欠かせないものになっています。ただ、生活が便利で効率的になったがゆえ、子どもたちが外に出て駆け回ったり、虫や草木、川などで遊ぶ経験が少なくなっているようにも思います。私たちは、地球環境にとってエコロジーであり持続可能性の高い「木質燃料を取り入れた暮らし」を提案することによって、自然の良さやアウトドアのワクワクを提供できる企業でありたいと思っています。

例えばマッチやライターで火をつけて焚き火をしたり、薪やペレットの燃える炎を囲んだりすると、ホッと心が落ち着く感覚を覚えます。木質燃料にはエネルギーとしての価値以外にも、人を惹きつける魅力があるように感じます。

そういった良さをすべての方々に理解していただけるとは思っていません。しかし、これまでの化石燃料に変わる「当たり前にあるエネルギー」の選択肢のひとつとして広まっていくことが、子どもたちが暮らす未来の環境づくりの一助になると信じています。

最後にもう一度「Green Energy for the future !!」

ペレットマン西馬音内(有限会社 羽後第一興業)
代表取締役 大野義幸

ペレットストーブ
PELLET STOVE

ペレットストーブは自然エネルギーである木質ペレットを燃料とする、環境にも暮らしにもやさしい暖房機。石油やガスなどの化石燃料とは違い、CO2削減に大きな効果が期待でき、再生可能エネルギーとしても世界的に注目されています。ストーブをつけると柔らかで自然な暖かさを感じながら、美しい炎を見ることができます。

薪ストーブ
WOOD STOVE

燃料は薪のみ。ペレットストーブとは違い電気を必要としないエコな暖房機です。形やデザインも様々で、インテリアとしても憧れの一品と言えます。薪ストーブは自然派・アウトドア志向の人たちの間で静かなブームが続いていましたが、大震災以降は万が一のライフラインとしても、大きな注目を集めるようになりました。

体験型ショールーム
SHOWROOM

「ペレットストーブや薪ストーブに憧れている」「どんなものか、とりあえず体感してみたい」という方大歓迎!ショールームにはなんでもお話できるスタッフが常駐していますので、どうぞ気軽にふらりとお立ち寄りください。まずはゆっくりコーヒーやお茶を飲みながら、ペレットストーブや薪ストーブの暖かさを体感してみませんか。